受験英語を強化できる予備校はここだ!

英語を制す者が受験を制す!受験英語のカリキュラムが強い予備校ガイド

テスト対策

このページでは、予備校に求めたい模試の実施状況などについて調べています。

予備校で行われる模試の意義とは

予備校を選ぶ際は、模試の実施状況にも目を向けてください。

模試は生徒現状での実力判断に役立つだけでなく、試験に場慣れする、また目標校の出題傾向を把握するための重要な機会です。

下記をしっかり確認するようにしましょう。

  • 4~12月までの間に行われる模試の年間計画は立てられているか?
  • センター試験対策や私大対策、そして特定の大学に特化した模試を開催しているか?

何度も模試を受けていく中で、自分のレベルより少し上の内容にトライすることも重要です。

志望校に特化された模試を経験すれば、以降の学習計画がより明確になります。

アフターケアは行き届いているか

模試はあくまで受験準備の一環ですから、結果に問題があった場合は、改善に向けて取り組みを強化していくことができます。

自分の苦手科目や弱点、そしていざテストになった時、どう実力を発揮すべきかといったポイントをブラッシュアップする絶好の機会です。

特に大学受験の鍵となる英語に関しては、単語のボキャブラリーや文法の理解/応用範囲を再確認することができます。

ですから、ただ模試を実施するのではなく、行き届いたアフターケアを行っているのかどうかも、予備校選びの重要なチェックポイントといえます。

★採点の結果をスピーディに返却するシステムがある

★模試の実施を踏まえ、本番でどのように結果を出していくかを指導する特別授業がある

★模試の結果を踏まえて、今後の対策を検討していく個人面談がある

上記のような取り組みを行っている予備校なら、模試の結果を受験勉強の中で有益に受け止めることができるでしょう。