受験英語を強化できる予備校はここだ!

英語を制す者が受験を制す!受験英語のカリキュラムが強い予備校ガイド

サポート体制

予備校選びの際に重要な、サポート体制や雰囲気のチェックポイントを紹介します。

全体の雰囲気やサポート体制の充実度は予備校選びに重要!

講師イメージイラスト予備校を選ぶ際は、サポート体制にも注目する必要があります。

いくら授業内容が良くても、一方通行では無意味。生徒一人ひとりの実力や学習環境を把握し、適切な方法で学力をアップさせていくことが重要なのです。

そのわかりやすい目安のひとつに、チューター制度があります。その定義は予備校や塾によって微妙に異なりますが、以下の2つに大別されます。

  1. 講師の担任制
  2. 講師と生徒の橋渡し役になるアシスタント(大学生のアルバイトなどが多い)の導入

いずれにしても、生徒全員へのケアを徹底する目的で設定されている制度です。

チューター制度のメリットは、以下の通り。

★出欠確認や課題の提出管理が徹底される。

★学習に関する質問や相談を気軽に受け付けられる。

こうして指導側と生徒の関係が緊密になることで、より的確な学習計画の立案が可能になります。

保護者とのコミニュケーションを行っているか

またサポート体制が充実している予備校は、チューター制度を通じて把握した生徒の情報を、保護者へもフィードバックしています。

教室内で行われるテストや課題提出などから、学力の現状を把握して報告するだけでなく、授業への出席状況や入退室の時間をメールで伝えてくれる予備校もあります。

さらに保護者が自宅での学習状況を相談できるなど、双方向のコミニュケーションを重視している予備校もあります。

上記のようにサポート体制が充実している予備校は、校内や授業の雰囲気も良好なはず。ぜひ入学前には、サポート体制の詳細をきちんと確認してください。